TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 1.構想-高谷廉
画像
構想
画像
「ハレーション効果の追求」

テーマはハレーションと色の強さ。普段敬遠されるその効果について研究したいと思います。印刷方法からのアプローチはかなり出尽くしているような気がするので、印刷で失敗とされる、いわゆる“ヤレ”の中にヒントを探し、逆手にとった作品をつくってみたいと考えています。たとえば通常、ハレーションは強い色同士で引き起こされますが、薄い色やペールトーンも起こる現象なのか、とか…。アイデアと実験の掛け合わせから、じっくり探してみるつもりです。
画像
画像 構想を語る谷氏
プロフィール

高谷廉 TAKAYA REN
画像
高谷廉
TAKAYA REN

アートディレクター
1976年仙台生まれ。1999年東北芸術工科大学彫刻科卒業。good design company、andesignを経て、2011年AD&D設立。NY TDC57審査員賞、ONE SHOW DESIGN Merit(2011, 2012)、CIPB 2011 Finalist、10th International Competition Francisco Mantecon Finalist、Brno Biennial 2012 Finalist、東京TDC Prize Nominee、日本タイポグラフィ年鑑ベストワーク賞、JAGDA 2012新人賞、D&AD IN BOOK、NY ADC Silverほか受賞。www.ad-and-d.jp
画像
 
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.