TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 1.構想-永井裕明
構想
「江戸時代の版画のようなコラボを」

たとえば図説的な要素まで含んで画集にまとめあげた高木春山のように、プロセスも含めて作品にできるよう、一つひとつのテストを組み立てていくつもりです。まずテストピースをたくさん積み重ねて可能性を広げ、最後に作品へと仕上げていきます。具体的なプランとしては、画家の牛島孝さんとのコラボレーションです。単純にイラストを再現しようということではなく、印刷に置き換えることでなにか新しい表現にならないか試してみたい。江戸時代になぞらえれば、牛島さんは絵師、凸版さんは刷り師。僕はアートディレクターだから企画する人というところでしょうか。それぞれの表現や技術を集約したものとして作品をまとめたいですね。
構想を語る永井氏 構想を語る永井氏
プロフィール

永井裕明 Nagai Hiroaki
永井裕明
Nagai Hiroaki

アートディレクター
1957年東京都生まれ。
東京都立工芸高等学校デザイン科卒業後、ブレックファーストを経て、88年N.G.設立。主な仕事に、佐川急便CI・グラフィック全般、横浜ゴム「PRGR」「ADVAN」グラフィック広告、和歌山県観光キャンペーン広告、サントリー「山崎」「膳」グラフィック広告、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館「Jan Fabre展」「オシャベリ@美術館展」、川村記念美術館「ピカソ展」「パウル・クレー展」など。N.Y.ADC国際展金賞・銀賞、全国カタログ・ポスター展通産大臣賞、JAGDA新人賞、東京ADC賞など受賞。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.