TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL 1.コンセプト-鈴木守
やってみたいこと

深みのあるキラキラした表現ができないか?

「キラキラしている、ざらざらしている……ムラがあってもかまわない。思わずさわってみたくなりそうなポスターをつくってみたい。印刷ではちょっと有り得ないようなテクスチャーができたら楽しいんじゃないかな。
とにかく普通のテクスチャーじゃないのがいいですね。できれば、深みがあって、厚みが感じられて……そう、たとえば浮世絵みたいな感じ! 写楽の浮世絵みたいな綺羅摺りの表現ができたら最高!……と思うんですが。」
構想を語る鈴木氏 構想を語る鈴木氏
テスト原稿

以前からつくり溜めているイラストをモチーフにしたテスト用の印刷データを鈴木氏が作成。「キラキラをだすためにつくってみた」という下地用の銀色の砂目パターンもいっしょに受け取った。このパターンがどのような効果をもたらすかが興味深い。
鈴木氏が作成したテストデータ
仕上がりイメージ Illustratorで作成されたメインヴィジュアル(部分)。RGB形式のPhotoshop画像に変換されている
仕上がりイメージ Illustratorで作成されたメインビジュアル(部分)。RGB形式のPhotoshop画像に変換されている
プロフィール

鈴木守 Suzuki Mamoru
鈴木守
Suzuki Mamoru

日本デザインセンター、戸田正寿デザイン事務所を経て、1994年鈴木守デザイン室を設立。グラフィックデザイナーとしてデジキューブキャンペーン、三菱電機 坂本龍一ツアー'f'広告、NIKE北海道マラソンイラストレーション、J-Debitロゴデザイン・広告、J-PHONE J-SKYロゴデザインなど数多く手がける。92,93,98年東京ADC賞、94年JAGDA新人賞、97年世界ポスタートリエンナーレトヤマ銅賞、デジタル・パブリッシング・グランプリ・コマーシャル部門大賞を受賞。JAGDA、東京アートディレクターズクラブ会員。
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.