デザイントークin TOPPAN vol.16 居山浩二×長嶋りかこ

世界で最も歴史のあるニューヨークADCの第91回入賞作品展の開催を記念し、今回受賞された居山浩二氏と長嶋りかこ氏に、受賞作品を中心にデザインについてお話しいただきます。メディアの多様化が進む中、人と人をつなぐ情報コミュニケーションとデザインの関わり方はどのように変化しているのでしょうか。お二方の対談を通じて、アートディレクションのいまを感じていただければ幸いです。

■講演者:

居山浩二氏(グラフィックデザイナー・アートディレクター/イヤマデザイン)
長嶋りかこ氏(アートディレクター・デザイナー/博報堂)

 
 

■日時:

2013年10月5日(土) 15:00〜16:30

 

■会場:

印刷博物館グーテンベルクルーム
東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
→アクセス情報

 
 
 

■定員:

80名 ※事前予約制(先着順)

 

■参加費:

無料

 

■お申し込み:

お申し込みフォームにて、必要事項を明記のうえ、お申し込みください。
※お申し込みは9月3日(火)10:00より開始いたします。
※ご記入いただきました個人情報は本講演会に関するご連絡以外使用いたしません。

 
 
 

■主催:

凸版印刷株式会社 印刷博物館

 

■企画:

凸版印刷株式会社 グラフィック・アーツ・センター

 
 

居山浩二
グラフィックデザイナー・アートディレクター

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。日本デザインセンターを経て、イヤマデザイン設立。主な仕事に集英社「ナツイチ」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」、ANA「Inspiration of Japan」、東京大学医科学研究所など。 JAGDA新人賞、SDA最優秀賞、N.Y. ADC銀賞・銅賞・特別賞、英国D&AD銀賞・銅賞、ONE SHOW銅賞、香港国際ポスタートリエンナーレ銀賞・銅賞など受賞多数。
http://www.masking-tape.jp/main.php

長嶋りかこ
アートディレクター・デザイナー

1980年茨城県生まれ。2003年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業、同年博報堂入社。「ラフォーレ原宿」の年間イメージ広告のアートディレクション、ロサンゼルスのプライベートチョコレート「YVAK VALENTIK」のパッケージデザインやブランディング、ハンドメイドアートストア「BONDO」のロゴマーク、ミュージシャンのアートワークやミュージックビデオ、建築物のサイン計画など、広告をはじめブランディング、空間、CI、プロダクト、映像などのアートディレクション、グラフィックデザイン、ディレクター等幅広く手がける。2013年には自身のブランド「Human_Nature」をスタートさせた。主な受賞に、毎日広告デザイン賞(2006)、日本パッケージ大賞金賞(2013)、東京ADC賞(2006、2011)、ニューヨークADC銀賞(2011、2012)、カンヌデザイン部門銀賞(2011)、アジア太平洋広告祭グランプリ(2011)、JAGDA新人賞(2010)、ロンドン D&AD銀賞(2012)など国内外の受賞多数。

 

■お問い合わせ先:

凸版印刷株式会社 グラフィック・アーツ・センター
TEL:03-5840-4058(代表) FAX:03-5840-1790